YOGIS ENGLISH WORKSHOP 2016

ヨギーのための英語ワークショップ -第7期-

【日時 DATE】

大阪開催 2016年1月7日(木)~ 

1/21, 2/11, 2/25,

3/10, 3/24, 4/7, 4/21

5/12, 5/26

 

全10回 時間:19時~20時30分

説明会
大阪:無料

10/22(木) 11/26(木) 7:00pm~ 大阪天満駅周辺※詳細な場所はお問い合わせ時にお知らせいたします。

 

参加ご希望の方を対象にオリエンテーションを実施します。

カリキュラムについての説明を致しますので、ワークショップに対してのご質問、ご要望、ご意見等をお聞かせください。

 

※会場は、都合により変更になる場合があります

ワークショップ参加ご希望の方を対象に下記の予定でオリエンテーションを実施します。より意義のある学習にするため、カリキュラムについてのご質問、ご要望、ご意見等をお聞かせください。

【講師 TEACHER】

サンドラ ファン、坪倉 多栄

【受講料 RATES】

受講料: ¥45,000

     テキスト代 ¥5,000
(10/26 までに全額をご入金いただいた場合は¥5000 OFF

  11/30 までに全額をご入金いただいた場合は¥3000 OFF )

【開催場所 LOCATION】

大阪開催: 大阪市中央公会堂
大阪市北区中之島1丁目1番27号

【お問い合わせ CONTACT】

サンドラ: sandrafangyoga@gmail.com
坪倉多栄: 080-3429-4082

【持ち物 WHAT YOU NEED】

ヨガマット、筆記用具、動きやすい服装

【キャンセル CANCELLATION】

レッスンの2時間前までにご連絡ください。

【注意事項】

尚、締切日前でも申し込みが定員(10名)に達しましたらその時点でお申し込みを締め切らせていただきます。

 

キャンセル料金
受講料 ワークショップ開催7日前まで  50%
ワークショップ開催後は、いかなる理由でもご返金はいたしかねます。何卒ご了解ください。


尚、お申し込みが4名以下の場合は、開催は中止となります。
その際は、ご入金いただいた全額をご返金いたします。
* 受講料の振込み手数料は参加者本人のご負担とさせていただきます。
中止の際, ご本人からのキャンセルの場合のご返金の処理には10日程度お時間を頂きます。ご了承ください。
仕事の都合等でどうしても受講できない場合は、別の会場に振り替えて受講いただくことが可能です。また欠席した授業の補講等は担当の講師までご相談ください。

【地図 MAP】

Please reload

ヨガに役立つ実践的な英語を身につける

近代ヨガの起源はアメリカのカリフォルニアから来ています。ヨガがこれほどまでに世界中で愛されているのも、それを伝えるコミュニケーションがあってこそ。世界中にいるすばらしい先生の言葉を理解し、会話ができることでより深くヨガを知ることを目標としています。

  • 今度来日するあこがれのヨガの先生と一緒に会話をしたい。

  • 外国人の生徒がレッスンに来るが、うまく会話ができない

  • 海外のヨガリトリートに参加する予定だが、英語でのレッスンになるためついていけるか不安

  • 外国人のヨガの先生のレッスンを通訳なしでちゃんと理解をしたい

  • 英語でヨガを教えたいが、どうやって学んだらいいかわからない

  • 日本だけではなく世界中からヨガの知識を吸収したい

ヨガを本格的に学ぶ上で必要なのは英語を学ぶ事

実践的な英語を学ぶ事で、より広い視野を持ってヨガと向き合う事ができます

グローバル化が進む中で、ヨガの世界でも国内だけではなくより広い視野を持つべき時代になってきました。今では世界中の有名な先生が日本を訪れ、ワークショップやイベントを開催しています。外国人の先生が日本でレッスンをする際は通訳の方が日本語に訳しレッスンを行いますが、それでは本当の意味で理解した事になるでしょうか。本当の理解は、言語を直接理解し、会話ができる事だと思います。

英語ワークショップは

このような人の悩みを解決していきます

ヨガに特化した英語を中心に学びます。それは体の部位、ポースの名称、ヨガのフローから始まります。レッスンを繰り返し、英語に慣れてきたら、実際にヨガのフローを英語で行っていきます。そうする事で英語でレッスンをするという事の自信を付け、実践的な英語も身につけていきます。

英語でヨガを教える経験と喜びをみんなで学んでいきます

コースは全10回で、最初はまず自分自身の自己紹介をしっかりと英語で行えるようにします。ヨガを理解するために必要な、解剖学と生理学(身体部分の名称)の基礎を英語で学び、太陽礼拝、ポーズのインストラクションを各レッスンで学んでいきます。最後の週では、実際にこれまでの学習体験を活かすため、英語でヨガを発表していただきます。

WEEK 1

自己紹介 ヨガの経験、指導経験、なぜヨガを始めたのかを話せるようになりましょう。

WEEK 2

解剖学と生理学(身体部分の名称)アサナを説明するための準備をしましょう。

WEEK 3

3週目からは実際にそれぞれのポーズのインストラクションを学びます。

太陽礼拝、立位のポーズ

WEEK 4

座位のツイストのポーズ

WEEK 5

逆転のポーズ

WEEK 6

アームバランスのポーズ

WEEK 7

プラナヤーマ(呼吸法)

WEEK 8

瞑想とシャバーサナについて

WEEK 9

解剖学(病理学)ヨガでよくある怪我や病気について

WEEK 10

学習内容を活かし、英語でヨガのポーズを指導していただきます

Please reload

コース概要

あなたは今までにこんな経験はありませんか?レッスンに外国人の生徒さんがきた!でも英語に自信がなくてうまく会話できなかった。ヨガを楽しんでもらえたかしら?英語のワークショップに参加した。英語がわかればもっと深く内容を理解できるのに。大好きな先生は日本語が話せない。英語で話しかけたい、もっといろいろ質問したい。でも、今から英会話学校に通うのはちょっと・・・・・

そんなあなたのために私達はこのワークショップを企画しました。英語ができればあなたのヨガ学習はさらに深まり、あなたの指導の幅も広がりいろいろな機会も増えることでしょう。この10回のレッスンを通して私達は皆さんがもっと英語を話したり、聞いたり、読むことができるようになるためのお手伝いをしたいと願っています。大好きなヨガの分野からもういちど英語を勉強しなおしてみませんか?コース終了後も私達は継続してあなたの英語学習をサポートします。

ワークショップ教材

バンクーバー出身の中国系カナダ人。ハタ、ヴィンヤサ、陰、マタニティヨガを教える。カナダの大学で健康運動科学科を学び、日本に渡り、200時間TTCを受講。解剖学、ヨガアサナ、哲学、アーユルヴェーダについて精通し、2015年にはヨガカルチャーとコミュニティを知る為8ヶ月間の世界旅行をしている。

ワークショップで使用するテキストは、完全オリジナルです。解剖学、生理学、ポーズのフローをわかりやすく丁寧に解説しています。

完全オリジナルテキスト

ここだけしかない勉強法で学びます

SANDRA FANG サンドラ ファン

ヨガ講師の紹介

2004年ヨガに出会う。ヨガが心身におよぼす効能を自ら体感しその魅力に心酔する。練習を重ねるにつれ多くの人を魅了するヨガについてもっと知りたいと思い全米ヨガアライアンスのティーチャーズトレーニングを受講, 認定ヨガインストラクターとなる。哲学、解剖学、アーユルベーダの勉強を続けさらにヨガの素晴らしさを知り自分らしい方法で多くの人に伝えようと2011年から指導を始めた。

TAE タエ

よくある質問 Q & A

Q. 指導者向けのワークショップですか?ヨガの指導経験がなくても受講できますか?

A. 全10回のワークショップの受講で、簡単な英語でヨガのインストラクションができるようになるというのがこのワークショップの目的ですが、ヨガを継続的に練習されている方であれば、指導経験がなくても受講に問題はありません。

A. ワークショップではベーシックなHathaヨガスタイルを勉強します。基本的な英語の表現方法を学んでいただきますので、そこから応用していただけると思います。陰ヨガ独特の難しい表現などは、その都度担当の講師にご質問ください。

Q. 陰ヨガスタイルを練習しています。陰ヨガのスタイルで使う表現も勉強できますか?

A. 英語のレベルは受講される方でそれぞれ異なります。初心者の方にはすこし難しい内容もありますが、それぞれのレベルでブラッシュアップできるようお手伝いします。

Q. 英語はまったくの初心者ですが、受講できますか?

A. 8回以上の出席(復習を含む)、宿題の提出と最終プレゼンテーションで修了証をお渡ししています。

Q. 修了証はもらえますか?

A. 次のレッスンの前に30分程度の復習の時間を設けています。また、次の期で再受講していただくことも可能です。

Q. 仕事でどうしても欠席しなければならないときはどうすればいいですか?

卒業生の声

『ヨガを英語で学ぶ時に何気なく先生がかけてくれるフレーズであったり、アサナをスムーズに進めていく時の一言など、あまり気にはかけないけど重要なヨガ特有の言葉をしっかりと教えてくれます。最初は英語をしゃべる環境に慣れず戸惑いましたが、回を重ねるたびに英語を話す事に自信が持てるようになり、以前は自分から話しかける事がなかった外国人の先生とも、ちゃんと目を見て堂々と話す事ができるようになりました。』

ヨガ特有の言葉を英語で学べました。

ヨガを英語で教える自信がつきました。

『日本でも外国人の先生が教えてくれる事が多くなり、先生の国籍やスタイルによっても吸収できる事が大きく違うので、本気でヨガを勉強したいと思ったときに、どうしても英語でコミュニケーションをとる事が必要だと感じていました。ワークショップでは、英語でヨガのアサナを教える授業もあるので、実践的なヨガの知識を頭だけではなく身体でも身につける事ができるので、自分のヨガの知識の幅も広がり、将来外国人の生徒にも教える事ができる自信につながりました。』

ヨガを英語で教える自信がつきました。

アメリカに来て、週に1回、芝生ヨガをしています Yogis Englishで学んだフレーズからスタートし、 最初は腹式呼吸で 授業で使用したハンドアウトを取り出して マーカー部分を読んだりと「あぁ、私はここからスタートなんだな」 と思ったりしていましたが、 今では毎週欠かさず参加してくださる生徒さんもいて、 本当に嬉しいです。 そして、今日はなんと7人も参加してくださり、 改めて準備をしっかりしたいと感じ、 Yogis Englishのテキストで英語のフレーズを復習しています。ありがとうございます。

言葉の壁を越えて

世界中のヨギーと対話をしよう。

1/3

ワークショップに関しての質問や予約、その他連絡に関しましては、下記のメールフォームにて

​お名前、電話番号、ご連絡が取れるメールアドレス、参加希望の日にち、時間、をお書きください。

その際の件名は「ヨギーのための英語ワークショップ」とご入力ください。

If you have any other questions or if you would like to register for the workshop, please email us including your name, email address, phone number, and enter "Yogis English Workshop" as the title.

To Register for Workshop ワークショップのご予約

Yoga Forest Yoges English Workshop | ヨガフォレスト ヨギーのだめの英語ワークショップ
Yoga Forest Yoges English Workshop | ヨガフォレスト ヨギーのだめの英語ワークショップ
Yoga Forest Yoges English Workshop | ヨガフォレスト ヨギーのだめの英語ワークショップ

 Copyright 2015© Sandra Fang. All Rights Reserved.