Eat Dream Kyoto vol.5 -- Cafe Phalam

December 20, 2016

English by Sandra Fang

 

*If you are reading Eat Dream Kyoto for the first time, feel free check out our introduction blog: Eat Dream Kyoto Project to find out why we started this project.

 

Cafe Phalam is a cafe in Kyoto specialized in coffees near Nijo Station. I’m not a big fan of coffee, but Maki told me that they are very particular about their coffee and food, that really drew my attention. 

 

The wood furniture makes the cafe really warm and cozy. There is a shelf full of books and magazines for customers to read freely. It’s a place where friends can hangout and individuals can spend a couple of hours reading over a great cup of coffee. It’s like the specialty coffee houses I used to see back in Canada, where all they serve was coffee and sweets, nothing else. However this kind of coffee scene is still not that common in Japan, most cafes serve savoury foods and meals besides the drinks.

 

 

 

What stood out in the cafe was the expresso machine behind the counter. Maki and I were quite full when we got there, so we only ordered two black bean lattes. It was a seasonal drink, so you might not find it now if you go visit. However they have a variety of coffees and lattes to suit your tastebuds. I love black beans, I love how the Japanese syrup black beans are so big, full, flawless and shiny. The latte was just the right amount of sweetness with black bean flavor and aroma. 

 

 

After 6pm on Friday, people started to come in. The owner Yoza-san put down her busy work and spared some time for us for an interview.

 

Q: Question by Sandra & Maki

A: Answer by Yoza

 

Q: What is the concept of Cafe Phalam?

 

A: My original intention was to serve coffees only, but in the first two years customers kept asking, “Don't you have set lunch? Omelette rice? spaghetti?” I realised how difficult it was to sustain the business by serving only coffees. So over the 7 years, we have added a lot more to the menu, like hamburgers and set meals. But we still focus on serving great coffees to the customers.

 

Sandra: Yes, I totally understand what you mean. I was quite shocked when I first arrived in Japan 7 years ago, the year when your cafe was opened, that cafes in Japan did not mean specialty coffee houses but instead, it meant casual restaurants that served a variety of food. I think it’s because in Japan, people are not used to taking out coffees. There’s no such culture as eating or drinking on the street.

 

A: Yes, that’s very true. We put up the sign saying “take-out coffee is available.” but still, people prefer to sit down for drinks.

 

Q: Where are your coffee beans from?

 

A: We got them from a coffee provider company called Cafe Time (カフェタイム). The owner of the company, Yuko, actually goes to where the beans are grown, talks to the farmers and producers before finalising the business. I went there with her once and was really amazed that she went to great lengths to ensure the quality of the coffee beans. She is an international examiner for ACE (Cup of Excellence) competition. She knows how good coffees should taste like. Every year, she travels to where the coffee beans are grown and discusses with the local producers about how to improve the quality of the beans. 

 

Q: From what countries are the beans from?

 

A: From around the world, like South America, India, Indonesia, Kenya, Rwanda, etc. Cafe Time buys the beans abroad and roasts them here in Kameoka, a town in Kyoto prefecture. 

 

Q: Is your lunch menu vegan?

 

A: Yes, it is, but we also have regular beef hamburgers. I want to serve food that’s made of natural ingredients. I don’t eat food that I am not sure of where it's from. I had been sick for a while, so I wanted to boost my immune system by eating natural food. That’s why I’m very particular about what to put in my mouth. I care about how the foods are being grown and processed. I also started to practice yoga since then. I’ve changed my lifestyle, got pregnant and given birth to two kids. I can feel that my body is so much healthier than before. 

 

Q: What’s your main message to the customers?

 

A: We need to align what we eat with the nature in order to keep our body healthy. I hope to get this message across by managing the cafe. 

 

 

Yoza-san’s beautiful baby daughter was there when we visited. The cafe is very mama-friendly with a spacious washroom and a large bench for changing diapers! I was very touched by how Yoza-san’s intention to serve great coffees and natural food to the public. “We do not serve food that we don't know where it's from”, that’s a strong message I got from Cafe Phalam. In our busy modern life, it's so easy to just go to a nearby supermarket and get whatever that's cheap, making that conscious food choices takes so much commitment. Feel free to check out Cafe Phalam yourself when you have a couple of hours to spare.

 

If you're interested for a visit, Feel free to check out their website here

http://www.phalam.jp/index.html

 

文:Maki Ikeda

 

こんにちは、マキです。

 

気づけば約2ヶ月ぶりのEat Dream Kyoto!!

 

(初めての方は、自己紹介・このブログに対する想いが書かれた

はじめまして!Eat Dream Kyoto Projectからまずお読みください。)

 

第5回目は、JR二条駅から歩いてすぐの

カフェ パランへお伺いしました。

 

 

Speciality Coffeeとロゴに書かれてある通り

コーヒーにこだわったカフェ。

 

ペルー産とか、グアテマラ産など

世界各国のコーヒーがいただけます。

 

(後々書いてありますが、コーヒー以外にも

店の随所にこだわりや愛が散りばめられてます)

 

 

インテリアは、木を基調とした暖かい、ホッとする空間。

カナダで泊まったコテージを彷彿とさせる雰囲気です。

 

 

この日は、夕方にお邪魔したので

冬季限定の黒豆ラテをいただきました。

 

素材を厳選し、化学調味料・添加物不使用で

佃煮を作っている津ノ吉さんの黒豆煮を

使ったユニークなラテ。

(黒豆煮もサイドでついてきます)

 

ほのかな甘みで美味しい♡(相変わらず、食レポできません…泣)

ラテアートも、これまた素敵すぎです。

 

(この日は、砂糖制限中だったので満足にいただけず(涙)

またリベンジしにいきたいです!)

 

ほっこり落ち着いたところで、

オーナーの余座さんにお話をお伺いしました。

 

Q:このカフェのコンセプトは何ですか?

 

それぞれのモノにはストーリーがあるので、それを表現したいと思って、このカフェをスタートしました。当カフェでは、産地が見える、生産者が見えるスペシャルティコーヒーや野菜・果物を使っています。

 

実は、最初はエスプレッソコーヒー専門店(スタ○のナチュラル版)としたかったんです。でも、なかなか馴染まなかったため、開店後2−3年してからフードを取り入れて、今のようなメニューにしました。

 

立地的にテイクアウトをするお客様が少ないことから、座って落ち着いてご飯・コーヒーが頂けるお店を目指しています。(コーヒーや焼き菓子などのテイクアウトはしているそうです!)

 

マクロビ、ビーガン、ベジタリアン、外国人の方など、誰が来ても食べるものもあって、楽しめるのが、気軽さだと思っています。そのため、ビーガンランチ、お肉のハンバーガー、牛乳を使っていない飲み物など幅広く用意してます。また、店内、トイレの中もバリアフリーにしてます。

 

トイレはホント広々していて、大人1人が寝れるくらいのベンチが設置されてます。

段差もないので、赤ちゃんをベビーカーに乗せたまま、トイレに行けます!

ママには嬉しい設計ですね〜。ちなみにこの可愛いベビちゃんは余座さんのお子様♡

 

 

Q:一番のオススメは?

 

本格的なエスプレッソマシーンでコーヒーが飲めるので、コーヒーは飲んで欲しいなと思います。でも、サイドメニューや他の飲み物を頼んでみたら美味しかったとも思って欲しいので(笑)、酵素ドリンク、スムージー、季節の果物を使った飲み物なども季節限定で提供しています。

 

取り扱っているコーヒー豆は、世界各国のコーヒー農園にご自身で視察に行って買い付けされる方から取り寄せています。(余座さん自身も1度海外視察に同行されたそうです!すごいこだわりです。)

 

 

Q:店内で野菜を販売されてるのを見たことがあるのですが、カフェで使う野菜は京都近郊のものを使っているのですか?

 

なるべく近所で買える野菜を使うように心がけていますが、配達してもらったりもしますし、近くで友人が作る野菜もたまに使ったりしています。

 

ただ、お客様から野菜について聞かれた時に、どこから来ているという物語を語れるような食材を使っています。

 

 

Q:余座さん自身も食べ物には気を使っていらっしゃるのですか?

 

私は、肉、魚など何でも食べますが、とても偏食(ストイック)だと思います。添加物が入っているものは食べないとか、外国産のお肉は食べないとか。以前に体調を崩したことがあるので、体に入れるものは特段気をつけています。ただ、その時の経験がこのカフェを運営する上で、とても役立っています。

 

 

Q:その体調を壊した経験から、このカフェをオープンしようと思ったのですか?

 

直接的ではないですが、きちんと育てられて、美味しくて、体に負担のないものを提供できるお店であればやってみたいなと思ったのがきっかけでした。

 

こだわりが強かったので、最初は、ものすごく頑固だったと思います。既存で売られているチョコレートシロップは保存料も入っていますし、美味しいと感じなかったので、自分達で工夫して、最終的にチョコレートシロップを手作りしました。

 

冬季限定の黒豆ラテも、黒豆シロップがあるわけではなく、こだわりの黒豆煮を買ってきて、自分達でペースト状にしたりして試行錯誤し、完成させてます。そのおかげで、友達の輪も広がったので、結果的にはとても良かったと思っています。

 

 

Q:このカフェを通して伝えたいメッセージがあれば教えてください。

 

このカフェに自然に集まって、自然なモノを食べて、自然に元気になってくいく、というサイクルが広まっていけばいいなと思います。

 

ランチを食べた次の日、体の調子が良くなったと言っていただけたりします。頭ごなしに添加物がダメだよというのではなく、カフェパランのランチを何度か食べて、変化を体験して気づくような、そんなきっかけが作れる店になればと思います。

ご自身の病気がきっかけで食にこだわり、

そこから生まれた

 

どこの誰から来たものか分からないものを

お客様に提供しなくない

 

という、強い想いが溢れたインタビューでした。

 

 

私も病気と診断され、その経験から

食生活やライフスタイルを変化させていった身。

 

コンセプトに(激しく)共感し、

これからもずっと応援していきたいと思いました!

 

 

カフェパランは、

2016年10月で7周年を迎えられたとのこと。

色んな方々から愛されて、支えられてのことなんだろうなと感じます。

 

是非、この雰囲気を肌で細胞で感じてみてください。

 

*カフェ パラン(Cafe Phalam)ホームページ

http://www.phalam.jp/index.html

About Eat Dream Kyoto

 

Eat Dream Kyoto is brought to you by two close friends, Maki & Sandra. Aiming to introduce healthy eateries in Kyoto and to reveal the dreams of those behind the scene. Through this project, they wish to help the readers to appreciate the food being served, to feel more connected to the space, and to inspire others to live the life of their dreams.

 

このブログは、友人であるマキとサンドラが、京都市内のヘルシー志向のカフェ・体に優しいカフェを中心に、バイリンガル(日英)で紹介していくものです。【Eat Dream Kyoto】という名前には、食べる喜びだけでなく、オーナーさんのこだわりやお店のストーリーを通して、読者の方達にインスピレーションも感じてもらえるような内容にしたい、という思いがこもっています。

 

Find us on Facebook

www.facebook.com/eatdreamkyoto

 

 

Sandra Fang (Left)

 

I’m Chinese Canadian, moved to Japan in 2009, now working as a yoga teacher in Kyoto and Osaka. I yearn to see the world and to seek a purposeful life. Traveling is one of my passions and so far have been to about 30 countries around the world, but I believe that the inner journey is just as important. Yoga, meditation, and reading help me to deepen that path. 

 

中国系カナダ人。2009年に日本へ移住し、現在は、京都・大阪でヨガの講師をしている。世界中を自分の目で見て、人生の目的を探すことに憧れる。大の旅行好きで、これまで世界約30カ国を回った経験がある。また、内なる旅(精神・心)も重要と考え、ヨガ・瞑想・読書を通して、日々自分を深めていっている。

 

HP: www.sandrafangyoga.com

Facebook: www.facebook.com/sandrafangyoga

 

Maki Ikeda (Right)

 

In the spring of the year when I turned 32, I was diagnosed with liposarcoma, a cancer of a malignant tumor. That was the turning point of my life. In order to find my own healthy lifestyle, I quit my job at a company which I worked for 3 years and a half. Now I live in Kyoto and take the time to learn about health and healthy diet. I took a world trip to 19 countries in my late 20s and I’ve spent 5 years in Canada afterwards. I still enjoy traveling to somewhere about once a year. Pescetarian, except for special occasions. (laugh)

 

32歳の春、脂肪肉腫(悪性腫瘍のガン)の診断を受けた経験から、1人1人が「自分らしいヘルシーライフ」を見つけて、実践してもらえる方法を真剣に見つけるべく、3年半勤めた会社を辞めて、現在勉強中。京都在住。20代後半には世界旅行で19カ国を回り、現在も年1回はフラッと旅行に出かける旅行好き。カナダに5年間住んでいた経験もあり。肉を食べない(特別な時を除く。笑)ベジタリアン。

 

HP: www.makiikeda.com

Instagram: www.instagram.com/ikedamakie

Facebook: https://www.facebook.com/makiikeda.healthyliving/

 

 

 

Please reload

CONTACT

PAST POSTS

肩関節解剖学WS Report

August 13, 2018

岡崎モーニングヨガ vol.2 Report

August 13, 2018

Yogis English 京都入門コースReport

July 30, 2018

Maternity Leave Notice

January 27, 2018

1/8
Please reload

BLOG

 Copyright 2015© Sandra Fang. All Rights Reserved.