Eat Dream Kyoto vol.1 -- Veg Out

August 10, 2016

English by Sandra

 

Veg Out is a vegan cafe on Nanajo by the Kamogawa river in Kyoto. I’ve known about this cafe since the very beginning when it opened its door in October 2015 by the yoga studio I work for, TAMISA. The first time I went to the cafe, I felt like I was in another country! Almost all the customers there were foreigners. Indeed, it’s one of the few eateries in Kyoto that serve only vegan food. 

 

*If you are reading Eat Dream Kyoto for the first time, feel free check out our introduction blog: Eat Dream Kyoto Project to find out why we started this project.

 

The cafe is bright and cozy. Sitting in any table you’ll have a wonderful view of Kamogawa river, the signature landmark in Kyoto. The servers won’t rush you, you have all the time by yourself, slowing down the pace and looking out the tranquil river over a vegan meal.

 

Maki and I spent a weekday afternoon there, ordered a Konbucha and a green smoothie. having a chat with the manager, Mr. Hashimoto.

 

 

 

Q: Question by Sandra & Maki

H: Mr. Hashimoto

 

Q: What’s the concept of your cafe?

H: Well, this is a vegan cafe, but it’s not about eating vegetables and not eating meat. We want to give consumers a choice, regardless of their daily diet habits. Of course, vegans are welcome, but even for those include meat in their daily diet, can still come and enjoy a meal of vegan food on their off days. we want a wide range of people to be able to have a delighted experience here.

 

Q: Where is the source of your main ingredients?

H: We get our vegetables and fruits directly from the local farmers we know in Kansai area, such as Kyoto and Nara prefecture. We mainly choose pesticide-free organic products. We directly connect with the farmers so there’s transparency on how these vegetables are grown, so we feel confident to introduce their products to our customers as well.

 

Q: Why did you decide to open this cafe?

H: The owner of Kyoto Yoga Studio TAMISA approached me about opening a vegan cafe. The idea is to provide a healthy and simple diet choice that connects people with the nature. Different from vegetarian, began diet does not include eggs and milk. It would be great if we can provide this seemingly strict vegan food in a more relaxed and casual style.

 

Q: Is there a dish that you recommend the customers to try?

H: Quiche. It’s quite filling that even non-vegan customers find it very pleasing. Without eggs and milk, it tastes creamy by using soy products. The umami flavour comes from heating up the vegetables slowly. Some people leave the cafe satisfied even without realising that there is no meat or dairy products in the food we serve.

 

 

 

Q: What message do you want to convey to the customers through your food and your space?

H: We hope to make vegan food an available choice for the consumers. Organic vegetables can be quite expensive on the market. But we see it as an investment in our health. Consumers have a choice, even just once a week choosing a natural vegan meal can be very nourishing for the body.

 

Mr. Hashimoto is a very approachable and down-to-earth person. Wearing a cap and a simple earth-printed T-shirt, he sat down and chatted with us for a long time during the cafe’s quiet time. Unfortunately this time we were too full to have a meal. But I’ve tried the food here a couple of times before, everything was very fresh and tasty. For anyone who is in search of healthier options and a relaxing time, definitely don’t miss it.

 

 

Veg Out Home Page

http://vegout.jp/

文: Maki

 

こんにちは、マキです。

 

鴨川を一望できるビーガンカフェ、VEG OUT(ベグアウト)へ行ってきました。

肉・魚・卵・乳製品の動物性食品を一切使わないビーガン料理が

堪能できる京都でも数少ないユニークなカフェです。

 

サンドラが講師をするヨガスタジオも併設しており、

個人的にもオープン当初から気になっていたカフェ。

 

立地は七条×鴨川なので、京都駅からも歩いて行ける範囲です。(15分程度)

 

入り口を入るとドーンと鴨川が見えて、うっとり。

窓も大きくてとても開放的な店内です。

鴨川が一望できる素敵なカウンターもあります。(おひとり様は絶対この席!)

 

残念ながら、お腹いっぱいだったので、2人で飲み物を注文。

(どのメニューもビーガン料理とは思えない豪華なものばかりだったので、

次回は絶対食事をすると心に誓いました。笑)

 

私はコンブチャ(Kombucha)(右)、サンドラはスムージー(左)をオーダー。

 

 

 

コンブチャは、北米でヘルシー志向の人達の間ではよく知られている飲み物で、 

日本でも徐々に人気になってきているみたいです。

 

昆布が入っているお茶ではなく、

発酵されたお茶(主流は紅茶や緑茶)に、微炭酸と甘さを加えた飲み物です。

 

 

シュワシュワが飲みたい時の一杯に、良いと思います。

甘さも控えめで、味もすっきりしてますしね。

 

☆気分もスッキリしたところで、店長の橋本さんへインタビュー。

 

Q:お店のコンセプト・大切にしていることは何ですか?

橋:動物性の食品を摂らないだけではなく、どのような野菜でどこから来た野菜を食べていただくかまでも考え、お客様へ食事を提供しています。また、間口を広くして、ビーガンの人も、ビーガンでない人も、両方の人たちに楽しんでいただけることをコンセプトとしています。

 

Q:野菜に対するこだわりは、どのようなものなのでしょうか?

橋:有機野菜、無農薬を中心に、関西地方で作られた野菜であったり、顔の見える農家さんであったり、選ぶ時点で色々な情報を考慮してから食材を選んでいます。

 

Q:自慢の一品は何ですか?

橋:キッシュですね。ボリュームもあり、単品でも満足感・食べ応えがあります。

サ:私は一度食べたことがありますが、卵を使っていないのにスムーズな舌触りでした。

橋:豆腐・おからを使って、野菜の旨味を十分に引き出して作っています。菜食料理は、さっぱりしたものが多いですが、このキッシュはしっかりした味ですよ。

マ:ビーガン料理が初めての人でもとっかかりやすい一品ですね。

 

Q:このお店を通して、伝えたいことは何ですか?

橋:食事の1つの選択肢としてビーガン料理があるということを知ってもらえたら光栄です。また、有機野菜は手間がかかっているため、値段がどうしても高くなります。安いけど添加物がたくさん含まれた食事を食べて、後々病気になってしまうというより、少し高くても体に良い食材を使った食事を食べて、将来の健康に繋げることも大事だと考えています。毎日とはいかなくても、週末だけなど、1つのスタイルとして足を運んでもらえたら嬉しいです。

 

橋本さん自身も、普段ほぼビーガンの食事をされているそうです。

 

また、日本では「ビーガン」という言葉が浸透していないため、

この店を通して「ビーガン」を知っていただければ嬉しいです、ともおっしゃっていました。

 

ビーガン料理って食べたことがないけど、興味があるという人

普段の食事で野菜が足りていないな~なんて感じてる人

そして、もちろんヘルシー志向な人は、一度訪れてみてください。

 

☆VEG OUTホームページ

http://vegout.jp/

About Eat Dream Kyoto

 

このブログは、友人であるマキとサンドラが、京都市内のヘルシー志向のカフェ・体に優しいカフェを中心に、バイリンガル(日英)で紹介していくものです。【Eat Dream Kyoto】という名前には、食べる喜びだけでなく、オーナーさんのこだわりやお店のストーリーを通して、読者の方達にインスピレーションも感じてもらえるような内容にしたい、という思いがこもっています。

 

Eat Dream Kyoto is brought to you by two close friends, Maki & Sandra. Aiming to introduce healthy eateries in Kyoto and to reveal the dreams of those behind the scene. Through this project, they wish to help the readers to appreciate the food being served, to feel more connected to the space, and to inspire others to live the life of their dreams.

 

Find us on Facebook

www.facebook.com/eatdreamkyoto

 

Sandra Fang 

 

I’m Chinese Canadian, moved to Japan in 2009, now working as a yoga teacher in Kyoto and Osaka. I yearn to see the world and to seek a purposeful life. Traveling is one of my passions and so far have been to about 30 countries around the world, but I believe that the inner journey is just as important. Yoga, meditation, and reading help me to deepen that path. 

 

HP: www.sandrafangyoga.com

Facebook: www.facebook.com/sandrafangyoga

 

Maki Ikeda

 

32歳の春、脂肪肉腫(悪性腫瘍のガン)の診断を受けた経験から、1人1人が「自分らしいヘルシーライフ」を見つけて、実践してもらえる方法を真剣に見つけるべく、3年半勤めた会社を辞めて、現在勉強中。京都在住。20代後半には世界旅行で19カ国を回り、現在も年1回はフラッと旅行に出かける旅行好き。カナダに5年間住んでいた経験もあり。肉を食べない(特別な時を除く。笑)ベジタリアン。

 

HP: www.makiikeda.com

Instagram: www.instagram.com/ikedamakie

 

Please reload

CONTACT

PAST POSTS

肩関節解剖学WS Report

August 13, 2018

岡崎モーニングヨガ vol.2 Report

August 13, 2018

Yogis English 京都入門コースReport

July 30, 2018

Maternity Leave Notice

January 27, 2018

1/8
Please reload

BLOG

 Copyright 2015© Sandra Fang. All Rights Reserved.