• Sandra Fang / Maki Ikeda

Eat Dream Kyoto vol.4 -- Gomacro Salon(ゴマクロ サロン)


English by Sandra Fang

*If you are reading Eat Dream Kyoto for the first time, feel free check out our introduction blog: Eat Dream Kyoto Project to find out why we started this project.

I’m a yoga teacher living in Kyoto. Every time on my way to work to Tamisa Yoga Studio, I would ride my bike passing by Gomacro Salon on Oike street.

“What a nice looking cafe! I should stop by for lunch sometimes.” I often think to myself. But it wasn’t until Maki suggested this cafe for our Eat Dream Kyoto, that I finally had a chance to pay a visit here.

The moment I walked into the cafe, I was attracted by the sesame products displayed on the shelfs. There were different flavours of sesame oils, sesame pastes, sesame dressings, grinded sesame seeds, you name it.

The sunlights brighten up the whole cafe through the big windows. The cafe is not that big but it feels very comfortable. There are tables by the windows and counter seats facing the open kitchen. There’s an open space on the second floor for cooking workshops and events which are held almost every week. Be sure to check out their website if you’re a fan of cooking!

I ordered an afternoon vegetable set (野菜ブレード,1000yen), a colorful plate of fresh seasonal vegetables with sesame oils for dipping. The set also comes with pumpkin soup and bread. The fresh vegetables match perfectly with the aromatic sesame oils. 3 different sesame oils have different colors. Their different flavours and aromas linger on in the mouth long after the food is gone.

Maki ordered Gomaccino (ごまチーノ), which means sesame soy cappuccino (600yen).

After the beautiful meal, the kitchen leader Fujima (left in photo) and a cafe staff Shiota (right in photo) joined us for an interview.

Q: Question by Sandra & Maki

A: Answer by Fujima & Shiota

Q: What is the concept of Gomacro Salon?

A: The concept is to serve fresh organic vegetables with sesame oils. There’s no artificial additives, white sugar, animal products, nor daily products in the food we serve. We would like to contribute to the health of mothers and their kids. Gomacro means Goma (sesame) and macro (macrobiotic). Speaking of which, there’s a story behind. The owner of Yamadaseiyu company was a good friend of Sakurazawa, the founder of macrobiotic diet. The owner’s grandfather was not in good health at the time so Sakurazawa recommended him to try macrobiotic diet. The grandfather got so much better after the diet therapy, that was the beginning of the collaboration between Yamadaseiyu and macrobiotic.

Q: Why did the owner decide to open this cafe?

A: The manager of the cafe, Ms. Sen gave birth to her kids and started to understand how tough it was to raise up children in a healthy and unpolluted environment. So she had been thinking about opening a cafe where mothers and kids can enjoy healthy meals. After two years of planning, it was finally open in January 2015.

Q: Is there a particular dish that you would recommend the customers to try out?

A: We are proud of all the dishes because all of them contain our high quality sesame products. Nowadays, it’s not that easy to find a place where you can enjoy healthy and unpolluted meals anymore. It’s such a place that we would like to create here. What’s so special about our sesame oils is that all of our oils are extracted only once, whereas most of the sesame oils on the market are extracted 3 times. One-time-extraction makes oils that are rich in flavoured, more aromatic, and less bitter. That’s why our sesame oils are a bit more expensive than other brands, but they taste completely different.

Q: Wonderful! Are your sesame oils easy to find at most of the supermarkets?

A: Yes, but only at the better ones. (Ms. Fujima said with a proud smile) You can find them at department stores and Yaoichi supermarket in Kyoto.

Q: For foreigners from countries where sesame oil is not commonly used, could you tell us how to use sesame oil for cooking?

A: Sesame oil can be used for stir frying, deep frying, and salad dressing. In Chinese and Korean cuisine, it can be added to the dishes at the end for flavouring.

Q: Cool! Where are these sesame seeds from and where are the oils produced?

A: Both from Japan and abroad. We import most of the sesame seeds from Ethiopia and Myanmar. We also have sesame fields in Kikaijima, an island in Japan between Kyushu and Okinawa. The oil extraction factory is in Nantan city (南丹市) in Kyoto prefecture.

Q: Lovely, can we go visit the factory?

A: Yes, it’s open to the public, but you need to book it in advance. If you go to the factory, you will be able to see the spirit of the artisans! The name of the company is called Kyoto Henko Yamadaseiyu (京都へんこ山田製油). “Henko” means stubborn in Japanese, their workers are very stubbornly committed to making the best product out of the traditional way.

I’ve always had deep respect for this Japanese cultural, people go to great lengths to ensure the quality of the things they create. If you’re around the city centre of Kyoto, consider Gomacro Salon for lunch during your shopping breaks.

If you're interested for a visit, Feel free to check out their website here

http://gomacro.jp/

文:Maki Ikeda

こんにちは、マキです。

(初めての方は、自己紹介・このブログに対する想いが書かれた

はじめまして!Eat Dream Kyoto Projectからまずお読みください。)

第4回のEat Dream Kyotoは、烏丸御池にある

ゴマクロサロン(gomacro Salon)にお邪魔しました。

よくこの辺りを自転車で通るのですが、その度に

何のお店なんだろう?と気になってたカフェだったので、

ワクワクしてお出かけ。

ここは、ゴマ製品を製造・販売している山田製油さんが

直営されているゴマを存分に味わえるカフェで、

お店の名前 gomacroは、「ごま×マクロビオティック」という

意味がこめられてるそう。

中に入ると座り心地の良さそうな色とりどりの椅子と

シャンデリアが印象的なおしゃれな空間が広がってます。

片側一面が多通りを見渡せる窓になってるので、とても開放的!

テーブルの間もゆったりしているので、隣を気にせず

ゆっくりと落ち着いてランチやお茶を楽しめそう。

入り口を入ったところには、所狭しとごま製品が並べられてあり、

どこから見ようか迷います。

この日は、30日間砂糖なし生活の真っ最中だったため

食べれなかった週末限定の黒ごまプリン。泣

今度来た時には絶対食べるぞー!

ソファ席に通してもらい、私は、ごまチーノ(680円)

サンドラは、野菜プレート<ハーフプレート>(1,000円)を注文。

素敵すぎるデザインのごまチーノ。

今まで飲んだことのない組み合わせでしたが、

黒ごまのコクがエスプレッソと絶妙にマッチしていて、病みつきになりそう!

サンドラのプレートでは、利き酒ならぬ「利きごま油」を体験!

風味、味ともにこんなに違うのか~と驚きました。

<右から>

通常の白ごまから作られたごま油

金ごまから作られたごま油

白ごま油

メープルシロップを加えた甘めのごま油

ちなみに、メニューは、ほぼビーガン料理。

(卵・乳製品などの動物性食材と白砂糖不使用だそうですが、

一部タレに蜂蜜が含まれているとのことです。)

また、グルテンフリーのマークがあり一目でわかるので、

アレルギーや苦手な人には嬉しいメニュー表示。

もう少し詳しくごま油の事を聞いてみたいな~という事で、

当カフェでキッチンをご担当されている藤間さんと

英語ペラペラの塩田さんに色々とお話を伺いました。

Q:このカフェのコンセプトはなんですか?

A:コンセプトは「未来ある子供たちと、育てるお母さんを守る」です。今現在子育てされてる方やこれからお母さんになられる方達が気軽に集まって相談できる場所となることを目指しているんです。

この建物の2階がキッチン付きのイベントスペースとなっているのですが、今後は親子向け、これからお母さんになる独身の方向けのワークショップなどを増やしていき、食の大切さを伝えていければと思ってます。

(↑とっても広々していた2階のイベントスペース)

Q:このカフェでの料理は、マクロビオティック(以下、マクロビ)料理なのでしょうか。

A:マクロビに特化しているというわけではないんです。このカフェの名前は、ゴマとマクロビが合わさったものなので、質のいいゴマと旬の野菜を楽しんでもらえる料理を提供してます。

なぜ、マクロビなのかと言いますと、山田製油創設者(現社長のお祖父様)が、桜沢さん(マクロビ提唱者)と知り合い、桜沢さんから教わったマクロビ食を実践したところ病気が治ったそうなんです。その後、桜沢さんからの人の役に立つ仕事を始めなさいというアドバイスに従って、山田製油を開業することになったので、名前にマクロビが入ってるんです。

Q:カフェを始めたきっかけについて

A:当カフェのマネージャー・千さんが、子供を産んだことを機に食に興味を持ち、子育てするお母さん達が気軽に集まれる場所や心の拠り所になる場所を作りたいと思ったのがきっかけです。2年半構想を練って、このカフェをオープンさせました。

(個人的に別の機会で千マネージャーと話す機会がありました。食事が子育てにいかに重要であるか、またこれからお母さんになる女性の方達に、子供を産む前から食の大切さを伝えていきたいと語る、とても熱い方でした!)

Q:自慢の一品は何でしょうか?

A:1つに絞るのは難しいですね。自慢のゴマを堪能してもらえるメニューなので、全てお勧めです。(笑)子供達にも安心して食べてもらえるよう、食材はこだわって調達しています。特にスーパーなどで売っているお惣菜は、食品添加物がたくさん入っていたりしますが、当カフェで販売してるものは、安心できる食材で作ってますので、安心して食卓に並べてもらえます。

当カフェの全ての料理にごまを使用してます。特に、ごま油は1番絞りのもののみを使っているので、エグミがなく、とても風味がいいんですよ。(普通のごま油は、3回くらい絞ってあるそうです!驚き!)

Q:当社のごま油は、普通のスーパーでも売ってますか?

A:百貨店、自然食品店、あとは、少し高級なスーパー(笑)で置いております。京都であれば、八百一さんにも置いてありますよ。

Q:外国人にはあまり馴染みがないごま油ですが、どのような料理に使えますか?

A:1番ポピュラーなのが、炒め物です。その他ですと、揚げ物(白ごま油)、ドレッシング、中華・韓国料理に最後の風味づけにも使えます。

Q:ごまはどこから取り寄せているのでしょうか?

A:国内でしたら、鹿児島県の喜界島から、国外でしたら、エチオピア・トルコ・ミャンマーなどから農薬不使用のものを購入し、使用しています。また、野菜はできる限り京都市内(大原、綾部、美山など)で作られたものを使うようにしています。

Q:一般の人は、ゴマ工場の見学は出来ますか?

A:はい、もちろんです!京都・桂に工場があるので、事前予約していただければ誰でも見学していただけます。職人魂が見ていただけると思います!当社や当商品の名前に、‘へんこ’(京都の言葉で、頑固という意味)が付いているのは、それだけ頑固なまでにこだわっているという意味なんですよ。桂工場の隣には、直営のイタリア料理店「ピッコロモンド・ヤマダ」がありますので、工場見学の後にでも是非覗いてみてくださいね!

個人的に、金ごま油を使ってますが、本当に風味が豊かでかなり重宝してます。

少し値段がするので、ドレッシングのみに使う等使い分けてみてもいいと思います!

家族でも、友達同士でも、カップルでも、お一人様でも